上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(かなり長文で語っちゃいます・・・)

大津の事件を発端にテレビで「いじめ」という言葉が飛び交うようになって
結構日数がたってます。

このニュースを聞くたびに胸が痛くなってくるんだけど

いじめに過剰反応してしまうわけではないけれど
おちゃ息子はどちらかというと「やられる側」のタイプで小学校をすごしてきました。

決してしょっぱなから「いじめられてる」というわけではなく
「からかっている」がエスカレートして最終的に「いじめ」になるタイプ。

何度も私も泣きながら帰ってきた低学年の頃の息子に
「みんなが冗談で言った事に本気で反応するあなたも悪い」と言ってきた。
ちょっとからかうと泣きべそかいて、期待通りの反応する(言い方は悪いけど)
息子を面白半分でからかう気持ちもなんとなくわかったから

「悔しいと思うなら言い返してみたらいい」と言ったこともある。
で言われた通りに言い返してみた息子は
「言い返せばまた言われて、終わらないからヤダッ!!」と言って泣いた事もある。

そんな息子にイライラしたりもしたけれど
この子はこういう子なんだから仕方ないとも思って
「相手はいじめているつもりじゃないんだから、
いちいち本気で怒らない、泣かない。
冗談なんだろうなーって思って笑えばいい。
どうしてもイヤな事だけ、イヤと言いなさい」と言ってきかせてきた。

けど、息子が5、6年になってくると
からかう側は息子よりも自分が色々な部分で息子よりも勝っていると
分かっているから、言ったりやったりしてくるんだよなって事も
私も分かってはいた。

きっかけはスキー教室。
家族の趣味がスキーという事もあって
山梨に戻ってきてからスキーに行く機会は何度もあって
学校のスキー教室でも、滑れるグループに入った

そのスキー教室で学校からの帰り道
いつものようにいつものメンバーで帰ろうとした息子の前で
わざと「行くぞっ!」っていって他のメンバーを連れて走って帰ったと聞いた。
多分今までずっと勝ってると思っていた子に
初めて自分よりも出来るものがあった事が面白くなかったんだと思う。
負けず嫌いは悪い事じゃないとも思うから
少しはその気持ちもわかるような気もする・・・。
(行動が正しいとは言わないけれど)

それからちょくちょく
今まで当たり前のように一緒に帰っていたから
何も言わずにそこに入ろうとする息子に
「俺、おちゃに一緒に帰ろうって言われてないから一緒には帰らないよ」と言って
他のメンバーを引き連れて帰って行った。

さすがにしんどくなった息子がボソボソと私に話して
「別にいいやって思って一人で帰ってきてるけどさ・・」って言った。
私はまたか・・と息子にもすんごい腹がたったのだけど
さすがにどうなの?とも思って
相手の子の家に行って、その子とその子のお母さんと話しをした

その時のその子の言い分が

「いじめてなんかいない」
「おちゃ君にだけじゃないよ、いつも誰かに言ってる。
確かにおちゃ君に言う事が一番多いかもしれないけど」
「面白いから、帰り道楽しくしたいから」

それって楽しいの?
思わず本気で聞き返してしまった。

「じゃあ、ごめん。うちの息子はそれは楽しくない辛いってずっと思っている事だから
うちの息子には言わないでくれるかな
おばちゃんもそれは楽しくないって思うしそれってなんか違うと思うから」

子供同士の事にあまり口は出したくないと思ってた
でもなんか息子に「あなたが我慢しなさい」と言って
このグループにいれておくのは私には出来ないと思ってしまった。

「楽しいと思ってる子達でだけやってくれるかな
息子は一緒に帰れなくてもいいやって思ってるから
いちいちそういう事を言わずに別に帰ってくれても全然いいから」

言いすぎかなとも思ったけれど
その子のお母さんがその子にむかって
「ね、じゃあおちゃ君の事は放っておけばいいじゃん
おちゃ君はこういう冗談がキライなんだから・・ねっ」と自分の息子にいうのを聞いて
ホントはそれも違うんじゃないの?
その遊びって間違ってるっていうのがホントなんじゃないの?と思いながらも
自分が言ってる事が正しいのか自信がない私は

「ごめんね、うちのが冗談通じないから・・・」って言って帰ってきた。

家に帰ってから私は息子の事もすごい怒った。
もっと心広くもてないの?とも言った。
「冗談通じないあんたも悪い!!」と言った。

けど、数日たって
まったくそのグループに関係ない子のお母さんから
「おちゃ君大丈夫?なんかね、前にね○○君がみんなを誘って
おちゃ君ばっかりをバカにするような事をずっと言ってたらしくて
みんながアイツ悪口ばっかだからはずしてやるって言ってたのを聞いたから
それはしたらいけない!と言って怒ったんだよね」と
ずっと気になっていたから・・と教えてくれて

あ・・息子はずっと耐えてたんだとその時やっと全部分かった。
確かに他の子より、心が強くないかもしれない
からかわれるような冗談を言うのも言われるのもイヤだと感じる子なのかもしれない

けど、それをそのままイヤだイヤだと言ってても仕方ないって思って
息子なりに頑張っていたんだって事を思い知った。
それをまだ私は「おまえも悪い」と言って叱ってたんだと思ったら
泣けてきた。

「いじめ」って言葉に神経質になりすぎるのもよくないとは思ってる
だから息子にも「小さい事でくよくよしない」
「悔しいと思ったらなにくそっって思って言われないように頑張れ」と今も言う。

世の中、生きてく上では絶対に格差はやっぱりあって
きっと息子はやっぱりどっかたよりないヤツだから
「なにやってんだっ!」と上司や先輩に叱咤されるタイプだと思う。
どっかで同僚とかにバカにされちゃうタイプだと思う。

その時にすぐに負けてあきらめちゃうタイプでだけはあってほしくない。
あがける強さだけは身につけていてほしい。
不器用なりに強くなってほしい。

やってる子が「いじめ」と自覚してない以上
「いじめ」なんてなくならない。
だって大人の世界にも似たものはちゃんと存在してるのだから・・
どんなにいじめは「悪」だとテレビでみんなが騒いでも
大小あれど「いじめ」なんてものはなくならない。

だからこそ・・・強くなれ!!
だけど弱者の痛みも知ってる強さであれ!!!

からかわれる事を「おいしい」と思えるようになれと言ったら
「出川じゃないんだから・・・」って娘がチャチャいれたけど
でもそうなんだよ、それを武器にかえれるくらい強くなれ!と思う。

長々とすみませんでした。
読んで下さってありがとうございます
コメント
こんにちは
いろんな子が次々にターゲットになった
クラスでしたよね。
うちもやられましたし。
親に掛け合っても、ラチもあきませんでした。
先生も親も何もかも不安定なクラスに
子供も不安を抱えていたはずです。
幸い中学では、楽しく行ってます。
2012/08/03(Fri) 11:38 | URL | 向日葵 | 【編集
★ 向日葵さんへ
はじめまして☆ですよね???
(違ってたらごめんなさい^^;)

コメントからするに同じ学校???
しかも同じクラス????
うわー誰だろー!!!と今ワクワクしながら想像してます(笑)

気が向きましたらblogの右上にメールフォームも用意してますのでメールでも下さい☆

色々な子がいるから、色々な事があって当たり前で
からかってみたり、いじってみたりがあって当然だとは思うんです。
ただ度がすぎちゃうと受ける側だってしんどくなる。
今の子ってそのセーブが効かない事が多いんじゃないかなぁと思います。

逆の立場にだって立つ可能性もあるのだけれど
だからこそ痛みをちゃんと知ってる人であってほしいと願っています^^
2012/08/03(Fri) 20:05 | URL | おちゃもも | 【編集
いざ、その立場になると難しい問題ですね。
やられたらやりかえせ!って言ってるものの
ホントにいじめられていたらいったいどんな風になっちゃうんだろう・・
(私だったら乗り込んでっちゃうわ(^^;  )
幸いにも、いじめとは無関係な日々を送ることが出来
本当に幸せだと実感しています。
でも、これから大学や社会人になってもある事。
部活での辛い日々を思い出して強く強く生きて行って欲しいと思います。
生きていれば何とかなるもんね。
いじめが無くなる世の中になって欲しいと思いますね。
2012/08/05(Sun) 16:23 | URL | kaboとaki | 【編集
★ kaboとakiさんへ
ホント悲しくなっちゃうような出来事が多いですよね

いじめではないとしても
これから先、社会にでて厳しい現実もきったある
そんな時に負けるかと思えるように強くなってほしいと
願わずにはいられません。

2012/08/05(Sun) 23:06 | URL | おちゃもも | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。